子供の勉強は何を教える?これからのAI時代に必要なこと

眼鏡をかけた子供が本を読んでいる様子。

・はじめに

【経歴】
京大院卒業・航空宇宙工学を学ぶ/大企業メーカーで
10年エンジニアを経験/
自由を求め脱出/
フリーランスに
STEAM教育の大切さに気づきSTEAM+M Lab オンライン研究所を設立/作曲家で研究所所長兼任

【一言】
颯 Souです。

颯 Souのイラスト縮小版

学生の頃は、工学や科学の研究が大好きでした。テクノロジーの集合体として、車やパソコンが好きで、スポーツカーに乗っていたり、ゲーミングパソコンを持ってます。作曲家であり、音楽をこよなく愛しています。STEAM教育の大切さに気付きました。STEAM+M Labを立ち上げ理系・文系とわず、これからAI時代に活躍できるような子供たちの応援をしていきます。

小学生の子供がいるが、どうやって勉強させたらいいかわからないと悩んでいませんか?

私立では1人1台のパソコンやAI学習ロボットがあって、公立だとそんな予算もないなど、私立に入れてあげられずお金をかけた先進的な勉強をさせることができないなんて悲観的になっているかもしれません。

これからの時代の子供は、AIと共に生きることになります。

・AIプログラムを作る人
・AIを活用する人

こんな人が、文系理系を問わず必要になってくるはずです。

STEAM教育というのをご存じでしょうか。

STEAM教育とは、 Science(科学)、 Technology(テクノロジー)、 Engineering(工学)、Mathematics(数学)を統合的に学習する「STEM教育」に、 さらにArts(芸術)を統合する教育手法です。

少なくとも、STEAM教育を意識すれば、基本を押さえることはできます。

でも、そんなに焦らないでください。

「何か子供に教えなくてはいけないのでは?」と考える人がいるかもしれません。

これは私の持論ですが、公立だとしても心配はいりません。

私立で学ぶといっても相手は小学生です。

AIってどんなんだろう?っていうのが分かるぐらいです。

具体的にはAIロボットとのコミュニケーションなどの体験や、簡単なプログラミング体験だと思います。

本質的なことって、高校や大学で学ぶんですね。

具体的にいうと、AIのディープラーニングを理解する上で必要な数学は、微積分、ベクトル・行列、多変数関数の微分、指数関数・対数関数、確率統計などですが、高校、大学レベルです。

しかし、私の主張は、そもそも誰かから与えられる情報をもとに学習をするというのは、あまり子供を成長さないと思うんです。

唯一私立でAI学習体験ができていいことと言えば、子供が好奇心を持って自分で勉強を始めることです。

結局のところ必要なのは、自分で考えて創造する力です。

AIはいろんなところで必要になってきます。

花屋さんでもAIの知識は活用できます。

工場でももちろんAIの知識は活用できるでしょう。

マーケティングから、証券もAIを活用できます。

もちろん農業においてもです。

どんな世界にもAIが必要になるから、STEAM教育というのが大切なのです。

目次は次の通りです。

  • 子供の勉強は何を教える?
    ・やるきる力
    ・自分でやること
    ・何事にも好奇心を持つこと
    ・記録する
    ・情報戦に負けない
    ・やさしくなる
  • まとめ

それでは解説します。

・子供の勉強は何を教える?

・やりきる力

最後までやりきるという力は、とても絶大です。

どんな知識やスキルをもっていても、途中で投げ出していては何も叶わないからです。

やりきる力は、興味を持続させる力だとも言えます。

興味を持続させるには、いつも新しいことにチャレンジして吸収していくといいと思います。

・自分でやること

自分でやることは大切です。

経験があるのとないのとでは大きな差です。

知っていてもできないことがあります。

でも、経験していればできることがあります。

・何事にも好奇心を持つこと

STEAM教育で言われている、科学、テクノロジー、工学、芸術、数学というのは、基本になります。

しかし基本を押さえるだけではビジネスはできません。

どこでビジネスが生まれるかというと、アイデアです。

ビジネスの種というのは、誰かの困りがとを解決するサービスを提供することですが、勉強していたら拾えるわけではなくて、いろいろなことに好奇心をはりめぐらしているからこそ手に入れれるものです。

・記録する

せっかく何かにチャレンジして体験したとしても、そのままにしておくといずれ忘れてしまします。

必ず活動というのは記録するようにしてください。

記録することによって反省点が生まれ、一度失敗したものは失敗しないようになります。

また、改善点が見つかってもっといいものが生まれたりします。

仕事を簡単に管理する方法!日々のインプット/アウトプットを記録する

・情報戦に負けない

今のトレンドは何かななど情報をキャッチする力も大切です。

何か活動するにおいても、まずはインターネットで調べてみてノウハウを知ることが大切です。

情報を知っておくと、これからすることが一歩進んだものとなります。

スマートに生きる!情報のインプットの習慣をコントロールする

これからの時代は記憶より情報を扱う力が必要

・人の痛みを知る

人の痛みを知ることは大切です。

人を傷つけたり、虐めたりする人にならないようにしなければなりません。

人の命の重さを知ることも大切です。

AI時代に限ったことではないですが、もちろん、AI時代にも必要です。

なぜならAIのルールを作るのは人間だからです。

人間が冷酷になれば、冷酷な社会になりかねません。

ターミネーターは映画の世界だけだと信じたいですよね。

少しSFのようですが、つまりはやさしさを持つことは大切です。

・まとめ

AI時代を迎える子供たちに、何を教えればいいか。

それは、誰かに与えられた情報に頼るんではなくて、自分で考えて行動する力を育むことです。

STEAM教育と、

・やるきる力
・自分でやること
・何事にも好奇心を持つこと
・記録する
・情報戦に負けない
・やさしくなる

上記を念頭に子供に教えてあげるといいと思います。

以上、参考になれば幸いです。

子育てに戻る

アイキャッチ画像は Freepik – jp.freepik.com によって作成された book 写真です。

子供の勉強は何を教える?これからのAI時代に必要なこと” に対して2件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。