子供のスポーツのやる気の源泉は集団プレーか個人プレーかで異なる

子供が鉄棒の練習をしている様子。

・はじめに

【経歴】
京大院卒業・航空宇宙工学を学ぶ/大企業メーカーで
10年エンジニアを経験/
自由を求め脱出/
フリーランスに
STEAM教育の大切さに気づきSTEAM+M Lab オンライン研究所を設立/作曲家で研究所所長兼任

【一言】
颯 Souです。

颯 Souのイラスト縮小版

学生の頃は、工学や科学の研究が大好きでした。テクノロジーの集合体として、車やパソコンが好きで、スポーツカーに乗っていたり、ゲーミングパソコンを持ってます。作曲家であり、音楽をこよなく愛しています。STEAM教育の大切さに気付きました。STEAM+M Labを立ち上げ理系・文系とわず、これからAI時代に活躍できるような子供たちの応援をしていきます。

お子様は、スポーツのやる気がありますか?

もし、やる気がいまいち出ないのであれば、それはプレーの仕方が影響しているかもしれません。

スポーツには、野球、サッカー、バスケのように集団プレーをするものと、バトミントン、テニス、卓球、格闘技、水泳、陸上、器械体操などの個人プレーをするものがあります。

集団プレーは、チームで練習をするので、励ましあいなどの環境がある一方、自分の成果が見えにくく、やる気がそがれる場合があります。

一方、個人プレーは、比較的孤独なものですが、勝敗は自分の実力が関係する場合が多く、それがやる気につながる場合があります。

お子様は、集団プレーと個人プレーのどちらを好むタイプですか?

もし、今集団プレーのスポーツをしているなら、個人プレーにスイッチしてみてもいいかもしれません。

私は、小学校と中学校の時、野球をしていたのですが、楽しくなかったんです。

やる気もそこまででませんでした。

しかし、中学校の時に、野球部をやめて器械体操に変えたとき、やる気がでたんですね。

やはり、勝敗の結果が、100%自分自身にある個人プレーの競技は、分かりやすく、やる気がでるものです。

目次は次の通りです。

  • 子供のスポーツのやる気の源泉
    ・集団プレーのスポーツ
    ・個人プレーのスポーツ
    ・子供の適性を見極める
  • まとめ

それでは解説します。

子供のスポーツのやる気の源泉

集団プレーのスポーツ

集団プレーのスポーツには、野球、サッカー、バスケなどがあります。

集団スポーツは、仲間と共に練習します。

勝ち負けは、仲間と共有します。

チームの力が勝敗を分けます。

だから、自分が弱くとも、チームが強ければ勝つことができます。

勝負の結果は、自分の努力の結果なのかわかりにくいため、やる気がそがれる場合があります。

しかし、仲間と努力をすることがモチベーションになるタイプの子供は、集団プレーこそやる気がでる源泉です。

個人プレーのスポーツ

個人プレーのスポーツは、バトミントン、テニス、卓球、格闘技、水泳、陸上、器械体操などがあります。

個人スポーツは、集団で練習をするときもあれば、個人でも練習します。

練習のレベルは、誰かと合わせる必要がなく、マイペースで練習できます。

個人プレーの場合は、勝ち負けは自分の実力次第です。

努力すれば、必ず自分に返ってくるという状況が、やる気を出させます

子供の適性を見極める

あなたの子供は、現在、集団プレーのスポーツと個人プレーのスポーツのどちらをしていますか?

そして、彼らのやる気は十分ですか?

私の経験上、集団プレーでやる気がない子供が、個人プレーに移ったときやる気を出すということは大いにあることです。

もし、集団プレーのスポーツで自信をなくしている子供がいるなら、個人プレーをおすすめしてみてください。

世の中にはスポーツに限らず社会でも集団プレーが得意なタイプと個人プレーが得意なタイプに分かれます。

私は、個人プレーが得意なタイプです。

だから、分かることがあります。

集団プレーがすべてではないと。

もちろん、逆もしかりです。

・まとめ

子供のスポーツのやる気の源泉は、集団プレーのスポーツか、個人プレーのスポーツかで変わってきます。

集団プレーのスポーツは、仲間と努力をすることがモチベーションになるタイプにおすすめです。

また個人プレーのスポーツは、勝ち負けは自分の実力次第で、それがモチベーションになるタイプにおすすめです。

子供のスポーツのやる気がない場合は、このプレーの違いが原因である可能性もあります。

一度、別のプレーの仕方ができるスポーツをおすすめしてみてください。

以上、参考になれば幸いです。

子育てに戻る

アイキャッチ画像は Prostooleh – jp.freepik.com によって作成された people 写真です。