子育てがつらい!どんな時も前を向いて生きる

赤ちゃんの世話をしている母親。

・はじめに

【経歴】
京大院卒業・航空宇宙工学を学ぶ/大企業メーカーで
10年エンジニアを経験/
自由を求め脱出/
フリーランスに
STEAM教育の大切さに気づきSTEAM+M Lab オンライン研究所を設立/作曲家で研究所所長兼任

【一言】
颯 Souです。

颯 Souのイラスト縮小版

学生の頃は、工学や科学の研究が大好きでした。テクノロジーの集合体として、車やパソコンが好きで、スポーツカーに乗っていたり、ゲーミングパソコンを持ってます。作曲家であり、音楽をこよなく愛しています。STEAM教育の大切さに気付きました。STEAM+M Labを立ち上げ理系・文系とわず、これからAI時代に活躍できるような子供たちの応援をしていきます。

子育てがつらいことはありませんか?

1人でふさぎ込むことがあるかもしれません。

子供を一人前に育てないといけなのに、のしかかるのは責任で、重圧に耐えていることだと思います。

赤ちゃんを見れば、泣いていて意思疎通が取れない。

だからといって、パートナーは頼りがいがない。

だから、少し育児ノイローゼ気味になるかもしれません。

ふさぎ込めばネガティブになりがちです。

ネガティブになれば、いろいろな可能性に対して悲観的になるんですね。

ふさぎ込んでる時こそ、子供の成長に期待して前を向いて楽観主義になるべきです。

深呼吸してみてください。

お腹にたまった不安な気持ちが少し和らぎませんか?

本編では、精神的安定維持にかかせない要因解説します。

目次は次の通りです。

  • 子育てがつらい
    ・精神的安定維持にかかせない要因
    ・どんな時も前を向く
  • まとめ

それでは解説します。

・子育てがつらい

・精神的安定維持にかかせない要因

少し、育児でふさぎ込んでいませんか?

そんなとき、どうすればいいのだろうかと思うかもしれません。

日本教育心理学会総会発表論文集の「PH077 精神的困難状態からの回復と友達の支援(臨床,ポスター発表H)」に、参考になる記事があります。

精神的安定維持にかかせない要因は、下記です。

・睡眠
・仲の良い友達と会話をする
・1人の時間を増やす

やはり、睡眠をたくさんとれば、次の日すっきりしているということはよくあります。

しかし、育児をしている場合は、十分に睡眠がとれないというのが言えます。

夜、赤ちゃんが泣きだしたりしたら、世話をしなければならないですよね。

仲の良い友達と会話をするというのも、いい効果があるみたいです。

あなたの周りに、あなたのことを分かってくれる友人はいませんか?

そんな人と、悩みを共有してみてください。

同じ悩みを持っていると分かりあえるだけで、「ほっと」する気持ちが生まれます。

また、友達がいなくても、母親か兄弟に電話をかけてみてください。

お話をすることで、ストレスが発散できますよ。

1人の時間を過ごすというのも大切です。

子育てをするといっても、1人の時間って大切ですね。

なので、たまには、ベビーシッターを雇って赤ちゃんを預けて息抜きをするのも大切です。

また、パートナーに子供を預けて、1人の時間を増やすのも大切なんですね。

・どんな時も前を向く

つらい時は、どんどんネガティブになりがちです。

そして、自分は不幸だと考えてしまうんですね。

しかし、そんな時こそ前を向くことは大切です。

人は希望を持つことで、前向きになります。

子供はいつか成長して、自分の考えを話すようになります。

そして、大きくなってあなたと一緒に外の街を歩くときがあると思います。

つらいのは今かもしれませんが、それはいつか終わりが来るんですね。

だから、希望を持って、子育てをしてください。

・まとめ

子育てがつらいときは、1人でふせぎがちです。

そして、どんどんネガティブになってしまいます。

精神的安定維持をするためには、

・睡眠
・仲の良い友達と会話をする
・1人の時間を増やす

などが、いいみたいです。

また、どんな時も、前を向いてください。

子育ては大変だと思いますが、いつか報われるときがきます。

子供もいつか成長し、手がかからないようになります。

だから、今は、希望をもってくださいね。

以上、参考になれば幸いです。

子育てに戻る

アイキャッチ画像は Shurkin_son – jp.freepik.com によって作成された people 写真です。

子育てがつらい!どんな時も前を向いて生きる” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。